新曲は週1曲まで~その2

新曲は週1曲まで~その1 のつづき。

d0142048_11155421.jpg
@大阪音楽大学音楽博物館



中一日で金曜日に大阪音楽大学の音楽博物館で行われた「ガムラン・ワークショップ」に出席しました。
この日は経験者向け。
経験者といっても水曜日の初心者向けを受講した人は参加おkでした。

この日も朝10時スタート。
ただこの日が初めてのガムランになる出席者は、朝9時15分から基本的なガムランの、というか鉄琴みたいなのの扱い方と知識の博物館スタッフによるレクチャーがありました。

d0142048_11194597.jpg
この楽器ね。


出席したかったけど間に合わず断念…。

10時から先生とスタッフたちが登場。
先生とメインのスタッフは変わらず、お手伝いして下さる博物館の楽団員の方々が何人か違う方がいらっしゃいました。

この日の受講者は7名。
水曜から引き続きは3名、新規は4名。
新規は1名を除きガムラン未経験。経験者の方もリンティック(竹のガムラン)@バリを2日ほど、とのこと。

水曜日と同じように短い曲を1曲、パーツごとに練習して徐々につなげていって1曲を完成させる「バリ式習得法」。
この日の曲は先生のオリジナル。
でも「バリ・ガムランの要素を盛り込みまくってます」とのこと。
なるほどかわいい曲。
難度も正直水曜日よりちょい難しいかなあ、という感じ。

しかし。
初心者向けは基本楽器を2つしか触らなかったけど、この日は丸一日かけて「ほぼすべての楽器を触る」ことに。。。

  1. まず上の写真にある鉄琴から。

  2. 最初のフレーズはなんなくこなせる、というか左手で音を止めるのがおぼつかないけど、まあ音を出してついていける。
    なんとなく全体的に形になったところで楽器チェンジ…。


  3. d0142048_11311416.jpg
    私、太鼓へ移動。
    太鼓はこの太鼓のほかあと3つあって、1フレーズ中に4回叩く。






  4. 最初の鉄琴に戻って、


  5. その後


  6. d0142048_1134071.jpg
    これ!
    一人で2台ひく。




  7. 1.の鉄琴に戻って



  8. 写真にないセンターの鉄琴へ移動。
    この鉄琴は鉄琴たちの中で一番メインのメロディを担当



  9. 1.の鉄琴に戻ってこの日は終わる。



最後に録音させてもらいましたが…けっこうグダグダwww。

私はこの日やってないのはタイムキーパー役の太鼓と

d0142048_1146966.jpg
これ。叩き方は説明されたけど不明www。





どの鉄琴類も基本メロディーは同じだけど、入るところや楽器ごとにアレンジされる部分、ひき方があって全然覚えられない!
どっと疲れました。
でもバリの人たちは当然ながら全部覚えててできるらしい!
すごいー。

とにかくかなり内容の濃ゆい一日で、大変勉強になったというより大混乱の一日でありました。。。

もうガムランは満喫した!私には無理かも?
と思ったけど。

先生とお仲間のお二人でのデモンストレーションをきいて、
やっぱりもっとやってみたいかも・・・、と思いました。

d0142048_11522251.jpg


この竹の楽器、両手でばちを使ってワヤンクリッ用の曲を奏でて下さりました。
弾むようでいて優雅で素晴らしかったです。
ボイレコに録っちゃった。


2日間、中身の濃いワークショップでした。
なかなか忙しかったし、特に2日目はわやくちゃでwww。
両日ともみんなで苦労を共にした感があったのか、受講生たちみんなで和気あいあいとバスに乗って帰りました。
でも2日目はみな疲労困憊って感じでしたが。。。

でも楽器初心者、音楽未経験者はついていくのがむずかしいかな、と思う。
まあここは「音楽大学」なので、音大の募集を見て応募する人は、なかなか音楽未経験という人も少ないかなあ、と。
だから今回はそういう雰囲気になったのかもしれないけど。
先生はご自分のスタジオでも同じような講座を持ってるみたいだし、いろんなオープンな講座もあるみたいだから、そういうところはもっととっつきやすいのかも。

ガムランは自習ができないので続けようと思ったら場所を探さないといけないのが難点。
2日目は香川から来てた人が「香川にはガムランやってるところがないんです」っていってはったし。
今後のことはゆっくり調べてみようと思います。






個人の感想です…。

2日目はグダグダでした。
とにかくフレーズが覚えられなくて、今自分が何をやっているかぜんぜん頭にはいらない!
先生の説明が1楽器につき基本1回だけだったので、つぎの楽器に移った時に「じゃあ、私何をやるの???」
の連続。
なんとなくでも1つの楽器のフレーズが体得できた、という実感のないまま次々に楽器が変わるので、混乱に混乱が重なって、途中で「もう心が折れました」状態にwww。
結局曲の習得どころかどんな曲だったかさえわからず終わった一日でした。。。
新しい曲は週1曲以上覚えられへんかも、といわんばかりに帰りの電車の中でも初日の曲しか思い出せなかった。。。

今思うにこの練習法自体を習得することが私には先に必要だったのでは、と。
まあでもなにをやるにもこの練習法やねんけど、私は最近「人まね子ザル」でやってきたので、自分で腑に落ちるまで繰り返しやるにはけっこう時間が必要なんじゃないかなあ。

暑いし、いろいろ大変でしたが、いろんな人とおしゃべりもできたしガムランにも触れたし、合奏のいいところも悪いところも経験できたし、5,000円でこの体験はなかなかお得感もあってよかったのではないか、と思いました。

また行くか??
うーん、考えます。
ていうか機会があったら続けてもいいかも。
[PR]
by chaka_J | 2015-08-15 12:14 | えんそく

「むむむむ」。運動報告ブログ化してますが、旅行に行けてないのでその時々に興味のあることをメモってます。。。


by chaka_J