サヌール、グルメデート -ワルン・プルギナその2-

さて、グリヤ・サントリアンの大通りをはさんだ南斜め向かい、ワルン・プルギナ(Warung PREGINA)で食べたものです。


d0142048_172319100.jpgd0142048_17233479.jpg



d0142048_17235024.jpg



上段左から4日目昼のガドガド(メニュー名は違ったけど味付けはガドガド)、4日目昼の白ご飯、下段5日目夜のインゲンのカレー炒め。


2日目夜はナシチャンプルー(20000ルピア)とビール小(13000ルピア)をいただきました。
実はこの日、グリヤサントリアンのフロントスタッフに「ナシチャンプルのおいしいところを教えて」
と聞くと、「ナイトマーケットかなあ?」という答えが返ってきたのですが、さすがに2日目(実質1日目)にナイトマーケットで食べる根性がなく、道をぶらぶらしていたら、ここが混んでたのでここに決めた次第です。
ナシチャンの内容は普通。テンペとかじゃがいもとか豚の焼き物とかスプラウトっぽいものとか。
あとでんぶっぽいものとか。観光客向けか?チキンサテがついていたような。
外人向けの店っぽいので辛くないかな?と思ったら意外に辛めでした。

4日目昼はガドガド風サラダ(15000ルピア)と白ごはん(ナシプティ。3000ルピア)、水(Aqua。5000ルピア)、ビール小(13000ルピア)。
ガドガド風サラダはJukut Cantokというみたいです(今伝票見て知った)。
揚げゆで卵、テンペとキャベツでにんじんとか野菜を巻いたものなんかをガーリッキーでピリ辛のピーナツソースでいただきます。
味が辛めでおいしかったのですが、なにかが「これはお腹にやばいかも??」と思って残したのが何かが思い出せない・・・。
あと真昼のエアコンなしの大通り沿いで食べるのはなかなかつらかったです。

5日目夜は、1人で過ごす最後の夜だったのでちょっと贅沢??に
ビール大(16000ルピア)、ビール小(13000ルピア)、インゲン豆のカレー炒め(Jukut Kalas。15000ルピア)、白ごはん、コーヒー(Bali Kopi。5000ルピア)。
インゲン豆のカレー炒めはインドネシア風の味付け?ココナツミルクカレーを分厚くゆでインゲンに絡めてガーリックを効かしたもの。わりと辛め。
ただ、いんげんばっかりなので飽きる。ご飯にかけて食べました。
コーヒーはエスプレッソを頼んだもののなく、ネスカフェはいやなのでバリコピをば。

d0142048_17311922.jpg

チャイナ風のエキゾチックなカップ&ソーサーででてきました。



d0142048_1732319.jpg

オープ~ン。どろどろで~す。



ところが支払いの段階で大きい札しかもってなかったので、すったもんだのあげく
ナシプティ(白ごはん)はただ!にしていただきました…。
金持ち日本人なのに・・・ごめんね。


そんなやさしい店長?。昔なつかしジョン・ローンを、やや劣らせて若くした感じの結構な男前でした!
あとの3人も若くて結構な男前!何だ、この店は??
男前が焼き物焼いてんで!(←個人的な意見です)
今回の渡バリでわりと印象的だったのが、若い男子が小ぎれいに、そして中華系っぽくなっていること!(いや、若くない男子が小汚いわけではないですよ)
女子はいかにも東南アジアン女子って感じでしたが、男子の変貌振りに感心しました。

それはともかく、店長ともおしゃべりしたのですが(1人でくる客なんて私しかいないし)、店長の英語はわかりにくかったです・・・。

私は実は野菜不足解消のため、野菜を求めてこの店に通ってたので、この店の名物はあまり食べてないのですが、焼き物のミックスプレート(シーフードまたは鶏や豚のグリルとガドガドなどのサラダ、白ごはん)などがお得だったかな、と。
あとのメニューは一般的なインドネシア料理がメイン。サンドイッチとかはあったかも??
でも基本インドネシア料理です。あ、でも春巻きとかサマーロールもあったかな。

デザートも黒米のプディングとかピサンゴレン(バナナのフリッター)とかのインドネシアン。
あとフルーツシェイクなんかもあったかと。

ただワインに関してはハッテンなので、ハッテンで大丈夫な人は十分ですが、ダメな人はビールが無難かと。

会計は15%のTAXがプラスされます。
[PR]
by chaka_J | 2008-02-11 17:59 | 2007/2008 Bali

「むむむむ」。運動報告ブログ化してますが、旅行に行けてないのでその時々に興味のあることをメモってます。。。


by chaka_J