カテゴリ:2013 Bangkok/Krabi( 5 )

2013年12月13日、The Sukosol Bangkokに1泊しました。
宿泊日の2週間ほど前にこちらと空港のThe Novotelに予約を入れて、キャンセルできるぎりぎりまでスコソン(って読むみたい)とどちらに宿泊するか迷い、結局状況が落ち着いてきたのでスコソンのほうにしたのでした。

ここを予約した理由はロケーション
エアポートエキスプレスのパヤータイ駅から徒歩5分! BTSサイアム駅まで2駅!
渋滞の激しすぎるバンコク中心地でこれは便利かな?と思ったのでした。
ちなみに空港-パヤータイのエアポートエキスプレスのラウンドトリップチケット(往復)はないです。各片道のみの販売@駅。

エアポートエキスプレスは初めて乗ったのですが、いやーこれは便利。30分に1本間隔の運転、空港の駅は空港の地下、空港-パヤータイは20分ぐらい、と電車そのものについてはまったく問題なし!
これに各駅にわかりやすいところにタクシー乗り場があったらさらにいうことなしだなあ。

ところがパヤータイ駅からスコソンまではそう簡単には行けないのでした。
というのも、まず私、パヤータイ初めて。駅の状況よくわからず。
10kgのスーツケースと5kgのハンドキャリーを持ち、足元はスニーカーで固め、乾季で天気のよい夕方に交通量の多い道を歩くのはわずか5分でもぎりぎりな感じでした。
タイは日本じゃないから歩道はガタガタやしね。←それを見越してスニーカー。以前サパーンタクシンのあたりでスーツケースを壊したことがあるので道路事情はわかってた。
私と同じ電車だったトルコ航空で来たカップルは20kgぐらいのスーツケースを2つ持ってたのですが、私よりもかなり辛そうな感じ。
これが雨だったり暑かったり夜中だったり荷物が大きかったりしたらかなりつらかったと思う。
スコソンでは無料の送迎がパヤータイ駅まであると聞いてるけど未確認。(部屋にブローシャーがなくて確認できなかった)
ただ地上に降りてしまえばホテルまでの道はすぐわかった。
そしてBTSのパヤータイ駅も同じところにあるのでサイアムに行くのにはやはり便利。
私は1泊でサイアムとチッロムに行ければ事足りるのでよかった。

さてさてホテルのほう。
私はホテル直営のHPから予約したのでいろいろ特典がありました。
お部屋はいちばんリーズナブルなDELUXE ROOM 食事なし @THB 2,700 w/ tax。
こじんまりとしたロビー&チェックインカウンター。
チェックインのスタッフは英語はOK、日本語NG。でも日本語スタッフ作成のブローシャー代わりの館内案内が添えられてました。
部屋含め館内Wi-fi Free。便利やねえ。

d0142048_1751239.jpg


d0142048_17512868.jpg

部屋は高層階で静かで禁煙をリクエスト。
結果ロビーのあるビルのほうの15階。1566番。エレベータの横、しかもコネクティングでビビる。(パンパシ・オーチャードの悪夢再び?)
改装が終わってるのかどうか不明。インテリアがシンプルだけどかなりOld-fashionというか。
ベッドはものすごく寝心地よかった。Kingだったから寝返り打ち放題やし(一人)
クローゼット、セーフティBOXはわりと大きめ。スリッパ、バスローブ完備。


d0142048_17515669.jpg

直営HPからの予約特典のウェルカムフルーツ。
到着時にはなかったので後ほどフロントスタッフにおいてもらうようにハウスキーピングに伝えてもらった。
これは翌朝の私の朝食だったので重要!
部屋には500mlのボトルウォーター2本とコーヒー紅茶が確か無料。

d0142048_1751367.jpg


d0142048_175132100.jpg

バスルーム。デザインが古い。バスタブ・シャワー一体化のユニット。シャワーカーテンがなくバスタブのシャワー側半分までしかアクリル?の仕切りがなかったので、シャワーを浴びるとトイレもバスルームそのものも半分ぐらい水浸し><
ドライヤーは完備。アメニティにリンス OR トリートメントがなく涙。←ボディローションで代用!した。


d0142048_17514982.jpg

Welcome Drink @ The Sapphire Bar。何のジュースか不明。

d0142048_17514267.jpg

夕食にしたシーザーサラダとソーヴィニョン・ブラン @ The Sapphire Bar。シーザーサラダなのにベーコンでなくスモークサーモン、クルトンでなくガーリックトースト…などなどアレンジ系。
ここのスタッフはクールビューティーっぽくて愛想は悪いが親切。メニュー選びも協力的。価格も良心的。計THB600-。
ジャズの2ピース+ボーカルのライブあり。この方たちは愛想よし。



チェックアウトの時にエレベータで日本の年配のご婦人といっしょになって、3泊4日のツアーでバンコク滞在、今日は一日アユタヤなの、とのこと。
ツアーはとってるけど小規模ホテルなのでわさわさした感じはなし。
ドアスタッフも親切でした。

この価格帯のホテルはバンコクでは激戦だろうけど(というかすべてのカテで激戦)、ここは概ね良好かと。機会があれば再訪はあるかと思います。
ただそのためには予約時にパヤータイまでの無料送迎があるかどうか確認しないと。

チェックアウトは土曜の朝6時半。
警察の人がいっぱい集合してました。
パヤータイ駅の隣は「Victory Monument駅」。
たしか旅立ちの日はかの駅は閉鎖だったはず…。

---------

ああそういえば(追記)

スコソンのSPAで「タイマッサージクラス」という60分の有料のプログラムがありました。
マッサージを受けるのではなくて、マッサージを施術するほうのプログラムみたい。
申し込みは要Telで、その時は確か「Up to 2 persons」とのこと。
60分でタイマッサージのもろもろがわかったり知れるとは思わないけど、大変に興味があるのでもし再訪するようなことがあればぜひぜひうけてみたい!
姉妹ホテルのThe Siamのタイボクシングクラスといい、興味深いプログラムがあるなあ、としみじみ。
[PR]
by chaka_J | 2014-01-28 18:52 | 2013 Bangkok/Krabi

エアについて。PG編

行きのバンコク-クラビ間はバンコクエアウェイズ(PG)。
やや政情不安なこと(搭乗日は土曜の朝)とカウンターが混むとの情報を得て前日にモバイルチェックインしておいた。
そこで初めて知ったのは、PGも事前座席指定ができたこと!
モバイルチェックインのサイトにアクセスした時点では、もういい席(前のほう)で指定できるところぜんぜん残ってないし(涙)。
とりあえず3-3の並びだったので、横2席が開いているやや後ろのほうの通路側を予約。

当日は9:15発だけど7:30過ぎにカウンターに行った…ら1人だけ並んだ。
しかもモバイルチェックインしてたにもかかわらず普通にEチケの控えとパスポート見せたし…。
まあええわ。無事すばやくチェックインできたし。
d0142048_15282785.jpg
PGはバンコクではエコノミーもラウンジが使えるのでさっそく朝ごはん。


d0142048_15311174.jpg
食べたもの。
こんな感じの軽食。実は味は悪くない、というかけっこうおいしいかも。
チキンハムサンドイッチとカレーパイをいただきました。
アルコールはなし。タイはムスリムが多いのと国内線だからかな。


ところで甘いものはクッキーとかマフィンとかが中心だったのですが、
d0142048_15283058.jpg
こんなローカルなものも。
パンダンリーフ?ロータス?の葉に包んで蒸されたういろうみたいな餅菓子。
激甘だけどココナツ風味でなかなかうまし。



バンコク-クラビは1時間40分ほどのフライト。関空からだとソウルや仙台ぐらいなのだけど、なぜか私かたくなに機内食は出ないと思ってました。だからエコノミーでも軽食付きラウンジがあるのね?とまで思ってた。
でも。
出たよ。機内食。普通に。ラウンジであんなにサンドイッチ食べるんじゃなかったよ、というぐらい。
えびのカクテルサラダとパンとケーキとフルーツ程度だったけど、しっかり1食分。
機体に乗り込むとあいてたはずの隣2席にはインド人新婚カップルが座ってて、彼らは事前にインディアンメニューらしきものを頼んでたけど。しかもそれがかなりおいしそうで、パンはピタ、メインが羊?かベジなら豆の団子を焼いたものだったけど。
そうそう、機内はほぼ満席だったのですが、私の座った席は真ん中よりやや後ろだったのですが、私のところから後ろは全員インド人!しかも後ろは全員同じツアーっぽい。。。
めちゃテンション高すぎで、インド人たち1時間40分、ずーーーっっっとしゃべってた。うるさかった。
そしてほぼ全員インディアンメニューを事前に頼んでた。そしてめっちゃ残してた!

話しは前後してPGはバンコクでもクラビでもターミナルから直接の搭乗ではなく、
バス乗って→タラップで搭乗
だった。
バスは、
ほぼ全員がターミナルのゲートでチェックイン→一台のバスに乗って飛行機に向かう
の形だったので遅刻厳禁かと。。。
飛行機は機体それぞれに名前がついてるのか?往復サムイ号だった。


復路。
PGは12月に増便になった便で15:25クラビ発の便。
クラビの空港ではターミナル2?B?なんしかメインじゃないほうのターミナルでチェックイン。
前日にモバイルチェックインしてたもののパスポートとEチケは見せる。
ちなみにモバイルチェックインをするとEボーディングパスがメールで受け取れるけど、そんなデータの大きいものをドコモのメールで受け取りたくないし、復路分はホテルで印刷に失敗したのでデータなしでカウンターに行った。
クラビのチェックインカウンターの人が「コーヒーが飲めるからぜひどうぞ!」と勧めてくれたので「え?本当?」てきいたら「大丈夫ですよ、お楽しみくださいね」と返してくれたので???
というのもクラビの空港にはエコノミーのラウンジがないと聞いてたので。
もしかしてゲートにコーヒーサーバーでもあるのか???
と思ってゲートに行くと当然コーヒーサーバーはない。
コーヒーショップや売店でボーディングパスを見せたらのめるのかな?と思ってもそんなの見当たらない。
でもラウンジはある…まさか、あ、できたのかな?と思ってラウンジの受付で「ラウンジ使いたいんですけど」といったらあからさまに嫌そうな顔をして「あなたはこのラウンジは使えません」と言われた。
「え?私にはこのラウンジを使う権利がないということですか?」と返したら「そうです」。。。
と言った直後横にいた店長らしき人が「パスポート見せてください」と。
パスポートを渡すと「あなた外人だから使えます。ネットを使うときの番号はこれで」。
ということでラウンジが使えた。あーそれならTGのレストランで汁麺食べるんじゃなかったよ…。うまかったけど。ビール飲めたし。
あとでわかった?のですが、どうやらクラビのラウンジはCクラスのある便またはマイレージ会員用に専用ラウンジを用意していて、そのラウンジは当然その人達用だったのでは??
まあええわ。とりあえずwi-fiも使えたし。友人情報ではTGのラウンジは使えなかったらしい。
しかもまさかのディレイ。その間wi-fiがあるし雑誌や新聞が見れるから時間がつぶせるし、係りの人がディレイ決定後はめんどう見てくれたし。
でもバンコクもクラビもラウンジにはトイレがなかった。
でもタイの空港のトイレはとってもきれいなので問題なし。ていうかタイは全体的にトイレはきれいとの印象があるなあ。

ゲートでチェックインしてバスに乗ってタラップまで行って機体に乗り込むとがらがらであった。
私の席の隣2席にはカップルが座ってたので、許可を得ていちばん前の席に移った。
機内食をつまんでエビ畑?を眺めながら到着。
TG利用だった友人との待ち合わせ場所に向かい、落ちあってタクシー乗り場へ。。。
[PR]
by chaka_J | 2014-01-04 15:54 | 2013 Bangkok/Krabi

エアについて。TG編

今回のKIX-BKKはタイ国際航空(TG)利用。
BKK-KBVはバンコクエイウェイズ(PG)利用です。
PGはただ今JALのマイルでのアワードがかなりのディスカウントマイルで出てるので、それを利用しました。
ちなみにPGは香港からもバンコクやらクラビやらに飛んでて、また渡航の時はキャセイパシフィック航空(CX)が絶賛キャンペーン中でかなりお得料金を出しててかなり魅力的だったのですが、まず先にPGをアワードでとってしまってたのでCXでのクラビ行きは断念。
そしてJALのアワードで香港からクラビまでPGで行けないかなー?と思ってたのですが、PGの便名がつくCXのコードシェアが使えなくて、PG路線は香港-サムイ(!)-クラビという渋いもので断念。サムイ行く時にこの路線はありだと思う。PGは諸般考えるとワンワールドに入るのかも??

バンコク行きのチケット購入時は、香港にも寄れるし香港のホテル代は高いがエアの安いCXにしようかなあ。もしなんなら香港は泊まらずに最終の便でBKKに入ればいーし(購入当時はまだBKKは平穏であった)
と思ってたのですが、実際に買ったチケットはTGのもの!
だって…午前11時発のBKK便は
d0142048_1902524.jpg


A380なんだもの!


もう関空発着ではA380なんて一生乗れないかも?とおもってポチッと。
当然エコノミーなんですが。。。
d0142048_18491722.jpg


大きいんですけどね…これじゃわからんよね。


私一人だったので当然席は2階席を事前座席指定で確保!
機体に乗りこんで…階段は一番後ろなんで1階のエコノミーを突っ切って後ろまで行って螺旋階段を上がって2階へ。
ご時世がご時世だったからか、はたまた休みのタイミングか?エコノミーのお客さんはほとんどが1階に席を確保、そしてタイの方、というか日本人じゃない人のようでした。
ゲート前にはまあまあ人がいたけど、この機材は600人近く乗れるからがらがらやったかもしれませんね。
が2階は30%ぐらい??ほとんど人がいない、かつほとんど一人旅っぽい。

私の席は76B。エコノミーの最前列、2-4-2の並びの2の通路側。隣も通路を挟んで隣の列も誰も来なかった。。。
ちなみに通常エコノミーの最前列は向かいに乗務員席があって、窓側は扉になってるケースが多いですが、このTGの機材は席の前はビジネス席との仕切りとディスプレイがあって横に扉はなし。
なので背が低かったり体重が軽かったり英語が話せなかったり乗務員さんのお手伝いが出来ない人でもOKの席なのでは?
それでいてレッグスペースは広い。
どれぐらい広いかというと
d0142048_18492082.jpg
これぐらい広い。
158cmの私が普通に腰掛けて足を伸ばしてつま先がつくかつかないか?ぐらい。


そして窓側にはなつかしの
d0142048_18492656.jpg
物入れが!これは便利。ブリーフケースは入ると思う。B747なんかにはあったよねー?
物入れはふたを閉めれば飲み物程度は置けるけど、ふたがマグネットのプッシュ式なので飲み物を置いたままうっかりひじで押したりすると大惨事に。。。電子機器は注意。


でもA380の2階エコノミー、それ以外は特に変わったところないかな?全体が広いなー、ぐらい。
席の前の仕切りには窓があって、離発着の時はその窓が開かれます。
ところで私の前にあるビジネス席ですが、みたところフルフラットになるのはいいけど特に心ひかれるところはなかったかも。
深夜便に導入されてたら乗ってみたいかと思いますが。
さらにファーストは見れなかった。個室?
あーそうそう、サービスで思ったのがエコノミーのワイングラス、ちっさっ!おちょこ?

ところでバンコク入国日、イミグレでまったく並ばなかったけど!奇跡やわ…バンコクよだって。


復路。
バンコクを朝11時に出発する便。ちょっとディレイ。
機材はA330。
席は32G。2-4-2の4席並びの通路側。2の席は比較的埋まってたけど4の席は通路側がぼちぼち埋まっている程度の混み具合。ほぼ日本人サラリーマンっぽい。
座席指定のHPでチェックすると、なぜか私の周りの席が全部埋まっていたのだけど、実際は4席の隣にいた人は消えていた。
往路の席は足元広いのは当たり前やけど、やはりYの2列め以降は足元狭いねえ…。
ところで32Gはエコノミーの前から2列目かと思うのだけど、食事のサービスはなぜか最後のほうだった。
だから私の斜めちょっと後ろのあたりまで「照り焼きチキン OR ビーフ(?)」かなんかの謎の組み合わせで聞かれてたのですが、私が聞かれたのは「照り焼きチキン OR Curry? Ah-, Prawn Curry」。
「Sorry? Curry? Is it a Thai styled?」「Yes, Madam.」
ということで
d0142048_15314.jpg

タイカレー!こんなのが機内食で食べれるなんて!
があとでビジネスに乗ってた友人もえびカレー、食べたよ~、だったので、Cの残りだったんでしょうかね??
これがなかなかにおいしくて。機内食だからさすがに辛くないけど。


ちなみにバンコク発便の機内食ってわりとおいしかったのですが、いつも見てるブログにも同じことが書いてあったので、ここのケータリング会社(たぶんTG系)は味付けが優秀?
でもPGも悪くないと思ったのだけど。JALに比べたらどこもいいかも…。

A330はA380とエコノミーのトイレのデザインは同じだったのが発見。
TGはトイレ、フローリング風の床なのです。

特に復路で思ったのですが、往路もエコノミーよりビジネスのほうが搭乗率高そうで、しかもタイの人が多いかなあ?という印象がありました。だって往路はみんな東京ばななの袋持ってたもん。。。
日本のビジネスマンはけっこうYに多かった。観光風の人は少なかったように見受けられました。
たぶんもしかしたら今タイはものづくりの拠点で、サンプル作成前のサンプルを持ち運びする人が多いのかなあ?
そういう人は荷物多いですもんね。
日本はタイに発注する側だろうから荷物そんなに要らないからYでじゅうぶん、てことなんでしょうかね?

そうそう…
[PR]
by chaka_J | 2014-01-04 15:27 | 2013 Bangkok/Krabi

三毛?二毛?

タイから帰ってくると、うちの父が今まで通っていた眼科から最近新薬の使用が始まったので、という理由で阪大病院を紹介されていくことになったとのこと。ふーん。
でそれを聞いた翌日連絡があって、急遽予約が取れたので紹介書を眼科まで取りに来いと。
そしてそれを取りにいけるのは我が家では私だけなのであります…。

で病院まで取りに行ったところ、先生が私と話をしたいとのこと。
そして初めて先生にお会いしたのですが…先生50代後半から60代前半ぐらいの女性なんですが…
先生!
三毛猫?
てゆか二毛だった!なんてタイムリーwww

クラビのRayavadeeでは行く先々(レストランとかビーチとか)で顔を見かける面子がかなり固定されてたので、
「今日のあの人はあんなのだった」
みたいな噂話に花を咲かせてたのですが、だんだん個人個人にあだ名をつけるわけで。
その中の一人に「マダム三毛猫」。
50代ぐらいの家族づれのオカンで、ヘアスタイルが肩ぐらいまでのワンレングスでカラーが二毛。
何であんなカラーにするかね?メッシュ太すぎやし?あれっておしゃれ?
とか散々な言われようだったのですが、まさかの先生も!
世界的にはやっているのでしょうか?それともベーシックにああいうカラーリングの方法があるのでしょうか?
ああ、方法はあるのかも。たまに見かける。今思えば。色のバリエーションはいろいろだけど。

まあでもマダム三毛猫も父の先生も、一見かなり上品でリッチな感じではありましてよ。
[PR]
by chaka_J | 2013-12-25 19:14 | 2013 Bangkok/Krabi
2013年12月13日から18日までタイ王国はバンコクとクラビに行ってきました。
バンコクもタイも2010年あたり以来ですっかりウラシマ…。
エアポートエキスプレスとか全く乗ったことなかったし、かなーり変わってるだろうなあ、と行く前は緊張してました。

そしてクラビは初めて訪れましたが、プーケットと違ってずいぶんと自然豊かな東南アジアのリゾート地でありました。

13日はバンコクでひとりぼっち。
14日以降は旅のお供にbunga姉さん@クラビ。
17日からはふたりでトンロー@バンコク。
とあいなりました。

まずバンコクですが、まさかまさかの政変の最中だったのですが、ラッキーなことに13日14日のバンコクはひとまず様子見だったようでまったくもって日常でした。
たった1泊2日だったのでホテルはThe Sukosol @ パヤタイ。
13日金曜日夕方以降のパヤタイ~ サイアム ~ チッロムは普通にみなさんBTSに乗り、歩道橋もエラワンシュラインあたりもセントラルワールドもサイアムパラゴンもMBKあたりも人だらけ。
ショッピングにお食事にイベント参加に、と普通な感じ。
ただ14日土曜日朝6時半にチェックアウトしてパヤタイからエアポートエキスプレスで空港に向かったのですが、パヤタイ駅付近は警官の集合場所だったのかかなりの警察官の姿がありました。
土曜日はタイは休日じゃないと思うのでこの日はこういうものだったのでしょうか?

14日はバンコクエアウェイズの朝9:15のフライトでクラビへ。
bunga姉さんのアドバイスではチェックインカウンターが混むとのことだったので、朝7時のパヤタイ発エアポートエキスプレスに乗ったも、チェックインカウンター@空港はがらんがらん…私は前日にmobile check-inしてたんですが。
空港も特に混雑もなく、パヤタイ駅にも着いてしまえば普通の土曜日の朝な感じだったのかなと(つまり人が少なくセキュリティも厳しくなく)。

enjoy Krabi @ The Rayavadee。
楽しかったなあ、Hi-SeasonのKrabi。雷雨にも見舞われたけど☆

17日の午後遅い便でバンコクに戻り、トンローのマリオット泊。
この日から大変寒く、マリオットの49階の天空バーでは満月の下寒さに打ち震え、オープンエアのイサーン料理屋では寒さと蚊に四苦八苦。
予想最低気温16℃!のバンコク!パシュミナ、カーディガン、ソックス、スニーカーが大活躍の不思議な夜。

タイでは自由なわん(犬)ちゃん(野良?)を見かけますが、そんなわんちゃんも寒いからかTシャツやら梨とか桃にかぶせるネットの大きいのを着てる!(ネット着用:seen @ Krabi)のも見掛けた12月。
おとついラジオで聞いたバンコクからのレポートによると確か、「寒いのでTシャツを着た犬を見かけるのですが、優しいおばちゃんが寒いだろうと言って野良犬とかを捕まえては自分の古いTシャツとかを無理やり着せてるみたいです」とゆーてはりました(!)
でも寒いけど、ほとんどダウンを着てる人を見かけなかった @タイ。

おいおい写真とともに記録を残そうと思います。
[PR]
by chaka_J | 2013-12-22 19:09 | 2013 Bangkok/Krabi

「むむむむ」。運動報告ブログ化してますが、旅行に行けてないのでその時々に興味のあることをメモってます。。。


by chaka_J